第1回 女性アスリート健康サポート北海道オンラインセミナー(2020年11月27日)   終了後 講師の方々へのご質問と回答

  主催者より:

この度は、多くの方々に 第1回 女性アスリート健康サポート北海道オンラインセミナーにご参加いただきありがとうございました。

セミナー終了後のアンケートでは、今回のセミナーについて、 よくなかったと回答されたかた 1.5%、普通 7.8%、 よかった 46.9%、 とてもよかった 43.8%

との結果でした。 暖かいご感想やいくつかのご意見、今後取り上げてほしいテーマなどをいただきましたので 今後の当会の活動やセミナーにむけて参考にさせていただきたいと思います。

講師の方々へのご質問への回答


阿部雅司 講師 

 

ご質問:

 「とても周囲の方に救われ、支えられてきたように伺えた。ただ、これだけ情報が溢れる現在の世で、昔のように人の言葉だけで信じれなくなっているように思う。どのようにしたら、お互いに信じ合え、尊敬し会える関係になっていくでしょうか。」

 

回 答:

 お互いに尊敬しあえる関係になるためには、まず相手を信じる事が大切だと思います。それと相手の立場になって「何を言ったら喜ぶかな?何をしてあげたら嬉しいかな?」と考えて行動していたら必ず良い関係になると思います。

又、もし人の嫌なところが気になる時には、その人の良い所を探してみてください。嫌なところを指摘するより良いところを褒めるようにして行くと人との関係が良くなると思います!


寺田明日香 講師

 

 寺田明日香講師へいくつかご質問をいただきましたが、担当マネージャーさんから、練習、講演、ご家庭のこと、その他で非常にお忙しく、セミナー後のご質問に回答する余裕がないのでご了承ください と ご連絡をいただきました。

   従いまして、 座長を務めました 三國から 寺田講師がご講演の中で話されていたことから 簡単に解説させていただきます。

 

ご質問:

 「貧血の原因は食事量の減少のほかに、偏食などはなかったのですか? 現在、もしも克服できていたら、その方法も教えてください。」

 

回答・解説:

 寺田講師は、一時引退前の体調を崩されていた時、摂食障害傾向にあった時期の他に、もともと月経量が少し多めであったとおっしゃっていたと思います。現在は、ホルモン含有IUD(子宮内装具)を使用されていてほとんど気になることはないとおっしゃっていたと思います。

   補足解説: ホルモン含有IUDは、きちんと病院を受診して診療を受けその利点、欠点などを理解したうえで医師に挿入してもらわなければなりません。妊娠、出産の回数や子宮の大きさ他の条件で使えない場合もあります。いわゆる低用量・超低用量ピルやプロゲスチン製剤といった内服薬についても医師の診断、処方のもとに使用しなければなりませんので、産婦人科を受診しご相談ください

 

 

ご質問:

 「メンタルが弱くなった時、精神的に辛い時どのように改善していましたか。その時体調にも変化がありましたか?」

 

回答・解説:

 ご講演の中では、「精神的につらい時、あるいは肉体的にコンディションが悪い時は、 今はそういう時期であると自覚して、理解して、その時にできる(できる範囲で)ベストを尽くそうとかんがえる」とおっしゃっていたと思います。


阿部講師、寺田講師 お二人へ

 

ご質問:

 「息抜きや楽しみとして、お菓子類はどのような種類のものをどの程度食べることをよしとしているでしょうか」 

 

 セミナー時にも講演させていただいた 公認スポーツ栄養士 蜂谷愛 より 回答・解説させていただきます

 

 回答・解説:

 1日の必要栄養量内におさまっていれば特別避けなければならないものはありません。

 一般にはおやつ(間食)は主に「こころ」を満足させるためのもので,エネルギー量の目安は1日200kcal程度とされています。お菓子の栄養素では炭水化物と脂質をポイントに栄養表示を確認してみましょう。揚げていない和菓子(せんべい,饅頭など)は炭水化物中心,スナック菓子やチョコレート,クッキーなどは炭水化物と脂質が多くカロリーも高くなります。その日の食事の脂質が多めであればお菓子は脂質の少ない物を選ぶなどして調節すると1日の栄養バランスをとりやすくなります。

 おやつはアスリートや子どもにとっては食事で足りない栄養補給ができる大事な時間でもあります。食事で不足する栄養素を補う目的でとることを補食といいます。ビタミンもとれる果物,カルシウムが豊富なヨーグルトでとるといったほかに,サンドイッチなど主食と主菜が補えるものを利用することもあります。アスリートの場合,練習前なら糖質中心,練習後なら糖質・たんぱく質のとれる補食がよいでしょう。

 

※補食については,詳しくは当ホームページ「食事・栄養について」のQ4をご参考ください。

 

 

ご質問:

 「人間生活においてスポーツとは何でしょうか?」

 

というご質問をいただきました。 大きなテーマのご質問であり、講師の方々からの回答はございませんでした。 回答とはなりませんが、女性アスリート健康サポート北海道(FAHSAH)といたしましても、スポーツの持つ意味、意義についても考えながら活動してまいりたいと思います。


団体会員

賛助会員

一般社団法人

北海道薬剤師会


後援

公益社団法人

北海道栄養士会

一般社団法人

北海道病院薬剤師会

一般財団法人

札幌市スポーツ協会

一般社団法人

女性アスリート健康支援委員会


協賛


女性アスリート健康サポート北海道 (FAHSAH)   公式ホームページ

女性アスリート健康サポート北海道 FAHSAH 事務局

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西6丁目6番地

     北海道医師会館 5F

     北海道健康づくり財団 内

  Fax: (011) 232-4091